株式会社南原工務店

岩見沢
0126-23-0470
札 幌
011-376-1767
サイトマップ
サイトマップ
資料請求
資料請求
 

HOME > 工法と構造

工法と構造Constraction

南原工務店は ハイブリッドダン

南原工務店は、ファース工法を採用しています。
ファース工法とは、「人」「家」「地球」の3つの健康を大切にし、公的にも認められた工法です。
在来軸組工法が基本なので、間取りの制約によるストレスがなく、
家族のコミュニケーションを大切にした自由設計が可能です。

南原工務店が大切に思うこと

「人」「家」「地球」
の健康

独自の気密・断熱性能と空気循環によって家中は常に一定温度。
湿度を一定に保つ作用があるので、アトピーの原因ともなるカビ・ダニの発生を抑えます。
燃焼ガスによる汚れがなく空気はいつもクリーン。

健康空気循環システムによって、木材の腐食を押えています。
また床下ファースシリカ等により、乾燥状態を保ちますので、耐久性が大幅に向上します。
エアクララは、高い性能を長い間保つことのできる、高性能の発泡樹脂断熱材です。

ファースの家は少ないメンテナンスで、高い耐久性が見込めます。
太陽熱の利用や高気密・高断熱構造が、省エネルギーに貢献します。
詳しくは、「ファースの家」オフィシャルサイトをご覧くださいませ。

HYBRID DANの快適性能

きれいな空気
「HYBRID DAN(ハイブリット ダン)」は、熱交換式換気扇(24時間自動換気システム)により、外気を天井裏から室温に近づけて取り入れ、外壁内部の通気層を上昇しながら家全体を循環し、室内の空気をキレイに保ちます。
加えてファースシリカがホルムアルデヒドなどの有機系ガスを吸収し、シックハウスなどの問題を低減します。
調湿機能
「HYBRID DAN(ハイブリット ダン)」は、健康空気循環システムとファースシリカにより湿度をコントロールする家です。
ファースシリカは有機物質を吸収し、健康空気循環システムとの組み合わせにより、病原菌が発生しにくい40%~60%の湿度を維持します。
さらに、結露の発生も抑えられるので、季節に関係なく常に快適な状態にコントロールします。
高気密・高断熱
一般に高気密・高断熱住宅と言われても、壁の中の断熱材が経年劣化したり、外壁と接する柱から熱が逃げたりして、完全な断熱とはいえませんでした。
「HYBRID DAN(ハイブリット ダン)」は断熱材にエアクララを採用し、現場発泡スプレー方式で気密と断熱を同時に実現。
また、コープレートとファースボードKにより、木材からの熱損失を軽減します。
地震に強い
「HYBRID DAN(ハイブリット ダン)」は、木造軸組工法で、がっしり組みあげることにより、一般住宅と同等以上の強度を発揮します。
さらに丈夫な基礎と土台の間のエアクララが、外壁、土台、基礎と連結して柔らかく結合し、地震の揺れに柔軟に対応します。
省エネ・エコ
水分管理がしやすい、エネルギー効率が良い、燃焼ガスが発生しない。
「HYBRID DAN(ハイブリット ダン)」は気密・断熱に優れているので、ムラのない暖かさがすみずみまでゆきとどきます。

ファースの家 内部構造

公的に認められたファースの家のファース工法

今まで取得した評定・認定
断熱評定

樹脂による現場スプレー発泡方式では、日本で初めて「断熱評定」を交付されています。

平成5年12月22日
(財)住宅・建築 省エネルギー機構

特別評価方法認定(気密方法)

樹脂発泡の断熱工事で、基礎、壁、屋根面を一体に包み込む施工方法で国土交通大臣から認定を取得しました。

平成14年2月15日
国土交通大臣

ソーラー住宅システム認定
(次世代型)

日射熱を専用ガラスで制御、冷暖房負荷を軽減することで、次世代省エネルギー基準をクリアした、ソーラー住宅システム認定を取得しました。

平成15年4月1日
(財)建築環境・省エネルギー機構

木造住宅合理化システム
次世代耐用性能タイプ認定

品質確保促進法の劣化対策及び維持管理対策の最高等級以上の性能を満たしている事が認められ、(財)日本住宅・木材技術センターより認定を交付されました。

平成16年4月1日
(財)日本住宅・木材技術センター

ご相談・お問い合わせはお気軽に!

資料請求・お問い合わせ

取材のお申し込み

岩見沢
0126-23-0470
札 幌
011-376-1767

TOP